部首
(こころ・りっしんべん・したごころ)
画数
10(部首内画数:6)
種別
常用漢字
漢検の級
4級
音読み
ケイ
訓読み
めぐ

意味

①めぐむ。情けをかける。めぐみ。「恵贈」 ②かしこい。さとい。「恵眼」「知恵」 [類]慧(ケイ)

[参考]「恵」の草書体の変形が片仮名の「ヱ」に、草書体が平仮名の「ゑ」になった。

旧字

部首
(こころ・りっしんべん・したごころ)
画数
12(部首内画数:8)
漢検の級
1級/準1級

恵の解説 - 小学館 大辞泉

常用漢字] [音]ケイ(漢) (ヱ)(呉) [訓]めぐむ

〈ケイ〉
  1. 情けをかける。めぐむ。めぐみ。「恩恵互恵仁恵特恵

  1. 物を贈られることに敬意を表す語。「恵贈恵投恵与

〈エ〉
  1. (「」と通用)さとく賢い。「知恵

  1. 縁起がよい。「恵方 (えほう) 

    1. [名のり]あや・さと・しげ・とし・めぐみ・やす・よし