• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三宅観瀾の解説 - 小学館 大辞泉

[1674~1718]江戸中期の儒学者。京都の人。名は緝明 (しゅうめい) 。浅見絅斎 (あさみけいさい) 木下順庵に学び、徳川光圀に招かれて「大日本史」の編纂に協力した。のち、幕臣として活躍。著「中興鑑言」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉