伊達政宗の解説 - 小学館 大辞泉

[1567~1636]安土桃山時代から江戸初期にかけての武将。出羽の人。畠山・蘆名氏を倒して奥州を制覇。のち、豊臣秀吉に仕えて朝鮮に出陣。関ヶ原の戦い大坂の陣には徳川方につき仙台藩の基礎を固めた。キリシタンに関心をもち、支倉常長 (はせくらつねなが) をローマに派遣。幼時に右眼を失明し独眼竜と称された。

伊達政宗の解説 - SOCKETS人物データベース

その他
生年月日
1567年9月5日 おとめ座
没年月日
1636年6月27日(享年68歳)
別表記
梵天丸 ぼんてんまる

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース