• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

児玉花外の解説 - 小学館 大辞泉

[1874~1943]詩人。京都の生まれ。本名、伝八。明治36年(1903)「社会主義詩集」を発表したが、発売禁止となった。社会主義的新体詩の先駆者。他に詩集「ゆく雲」「花外詩集」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉