• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

児島高徳の解説 - 小学館 大辞泉

南北朝時代の武将。備前の人。元弘の変で隠岐 (おき) へ流される途中の後醍醐天皇の行在所に忍び込み、桜の幹に「天莫勾践、時非范蠡」と記して天皇を励ましたといわれるが、その事跡は「太平記」に述べられるのみで、実在が疑問視されている。→天勾践 (こうせん) を空しゅうすること莫れ時に范蠡 (はんれい) 無きにしも非ず