• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

八重崎検校の解説 - 小学館 大辞泉

[1776?~1848]江戸後期の箏曲 (そうきょく) 演奏家・作曲家。京都で活躍。松浦・菊岡両検校や石川勾当 (いしかわこうとう) の作曲した地歌に、三味線とは異なる旋律を箏で加えて合奏曲とするなど、箏曲の編曲に秀でた。

[美術・音楽/音楽家]カテゴリの言葉