• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古川古松軒の解説 - 小学館 大辞泉

[1726~1807]江戸中期の地理学者・蘭医。備中の人。名は正辰。諸国を旅行し、交通・風俗・物産・史跡などを調査し、「東遊雑記」「西遊雑記」などを著す。幕命で「武蔵五郡の図」などを作成。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉

[地理/地理の人物]カテゴリの言葉