• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

唯円の解説 - 小学館 大辞泉

鎌倉中期の浄土真宗の僧。常陸 (ひたち) 河和田 (かわだ) の人。親鸞 (しんらん) の弟子で、その没後の教団の中心となった。「歎異抄」の著者とされる。同名の門弟がいたことから、河和田の唯円とよばれた。生没年未詳。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉