親鸞の解説 - 小学館 大辞泉

[1173~1263]鎌倉初期の僧。浄土真宗の開祖。日野有範 (ひのありのり) の子。比叡山天台宗などを学び、29歳のとき法然に師事し、他力教に帰した。師の法難に連座して越後に流され、ここで恵信尼と結婚し、善鸞と覚信尼をもうけた。のち、許されて常陸 (ひたち) 信濃 (しなの) 下野 (しもつけ) などを教化 (きょうけ) し、浄土真宗を開き、阿弥陀による万人救済を説いた。著「教行信証」「愚禿鈔」など。諡号 (しごう) は見真大師。→御正忌 (ごしょうき) 大遠忌 (だいおんき) 
丹羽文雄による長編小説。昭和40年(1965)から昭和44年(1969)にかけて、産経新聞に連載。単行本は昭和44年(1969)、全5冊で刊行。本作の功労により、著者は昭和45年(1970)の第4回仏教伝道文化賞を受賞した。
五木寛之による歴史小説。親鸞の若き日を描く。平成22年(2010)、上下2冊を刊行。第64回毎日出版文化賞特別賞受賞。のちに、中年期を描いた第2部、晩年までの活躍を描いた第3部を発表。

出典:青空文庫

出典:gooニュース

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉