• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

在原滋春の解説 - 小学館 大辞泉

平安前期の歌人。業平 (なりひら) の第2子。その歌は古今集新勅撰集に収録。大和物語の作者との説もある。在次の君。生没年未詳。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉