• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

坂田金時の解説 - 小学館 大辞泉

平安後期の武士。相模足柄山に生まれたと伝えられる。幼名、金太郎源頼光の四天王の一人。後世の御伽草子などで伝説化され、五月人形となって残る。浄瑠璃・歌舞伎では快(怪)童丸の名で登場する。生没年未詳。

[補説]「酒田」とも、また、「公時」とも書く。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉