• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大黒屋光太夫の解説 - 小学館 大辞泉

[1751~1828]江戸中期の船頭。伊勢の人。名は幸太夫とも書く。天明2年(1782)米を江戸に回漕 (かいそう) 中に暴風にあい、アリューシャン列島アムチトカ島に漂着。ロシアに10年間滞留し、エカチェリーナ2世に謁見。その時の記録に「北槎聞略 (ほくさぶんりゃく) 」がある。

大黒屋光太夫の解説 - SOCKETS人物データベース

その他
出生地
伊勢国亀山藩領南若松村(現・三重県鈴鹿市南若松)
生年月日
1751年
没年月日
1828年5月28日(享年77歳)