• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宮古路豊後掾の解説 - 小学館 大辞泉

[1660?~1740]江戸中期の浄瑠璃太夫。豊後節の始祖。京都の人。初世都太夫一中に学び、都国太夫半中と称したが、のち独立して宮古路と改め、一流をなした。江戸に出て豊後掾を受領、哀婉な語り口で人気を博したが、晩年、幕府の弾圧を受けた。