• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小島法師の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1374]南北朝時代の僧。洞院公定の日記の記事により、太平記の作者に擬せられる。山法師・禅僧・物語僧かといわれ、児島高徳と同一人物とみる説もある。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉