• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小幡景憲の解説 - 小学館 大辞泉

[1572~1663]江戸初期の軍学者。甲州流軍学の祖。甲斐の人。通称、勘兵衛。関ヶ原の戦いに東軍で功をあげ、大坂夏の陣では城内にあって徳川軍に内通。門弟に山鹿素行 (やまがそこう) がいる。「甲陽軍鑑」を編纂 (へんさん) したと伝えられる。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉