• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小笠原長秀の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1424]室町中期の武将。信濃の守護。礼式や騎射の法に通じ、足利義満の弓馬術の師範となった。義満の命により武家の礼法を定めたと伝えられる。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉