• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

成田蒼虬の解説 - 小学館 大辞泉

[1761~1842]江戸後期の俳人。金沢の人。名は利定。高桑闌更 (たかくわらんこう) に学び、師の没後、京都に出て東山双林寺の芭蕉堂を守り、各地を遊歴。句集「蒼虬翁句集」「蒼虬翁俳諧集」。