• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

松本たかしの解説 - 小学館 大辞泉

[1906~1956]俳人。東京の生まれ。本名、孝 (たかし) 。能楽師松本長 (ながし) の長男。病弱のため能を断念、高浜虚子に俳句を学び「ホトトギス」同人となる。俳誌「笛」を主宰。著「鷹」「石魂 (せきこん) 」など。

松本たかしの解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
東京都千代田区猿楽町
生年月日
1906年1月5日 やぎ座
没年月日
1956年5月11日(享年50歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉