• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

松村月渓の解説 - 小学館 大辞泉

[1752~1811]江戸後期の画家・俳人。京都の人。名は豊昌。のち画姓を呉、画名を春 (しゅん) とし、呉春と称した。四条派の祖。与謝蕪村に南画を、円山応挙に写生画を学び、両者を折衷して詩趣に富む花鳥画・風景画を描いた。