• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

津本陽の解説 - 小学館 大辞泉

[1929~2018]小説家。和歌山の生まれ。本名、寅吉 (とらよし) 。犯罪小説、企業小説など幅広いジャンルを手がける。剣豪小説ではブームの火付け役となった。歴史小説の幅を広げた人気作家として高い評価を得ている。捕鯨漁民を描いた「深重 (じんじゅう) の海」で直木賞受賞。他に「蟻の構図」「夢のまた夢」「下天 (げてん) は夢か」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉