王羲之の解説 - 小学館 大辞泉

[307~365]中国、東晋の書家。琅邪臨沂 (ろうやりんき) (山東省)の人。字 (あざな) は逸少 (いつしょう) 。その書は古今第一とされ、行書蘭亭序」、草書「十七帖」などが有名。書聖と称される。子の王献之とともに二王といわれる。

出典:青空文庫