• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

石川豊信の解説 - 小学館 大辞泉

[1711~1785]江戸中期の浮世絵師。江戸の人。俗称、孫三郎あるいは七兵衛。西村重長に師事し、漆絵紅摺 (べにず) り絵にすぐれ、ふくよかな顔だちや、しなやかな姿態の美人画に独自の画風を示した。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉