• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

石川雅望の解説 - 小学館 大辞泉

[1754~1830]江戸後期の狂歌師・国学者。江戸の人。号、宿屋飯盛 (やどやのめしもり) 。石川豊信の子で、家業は宿屋。狂歌を四方赤良 (よものあから) に学ぶ。和漢の学に通じ、著書に「しみのすみか物語」「源注余滴」「雅言集覧」など。