• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

舎人親王の解説 - 小学館 大辞泉

[676~735]天武天皇の皇子。日本書紀の編纂 (へんさん) を主宰し、養老4年(720)に完成。藤原不比等の死後、知太政官事 (ちだじょうかんじ) となり、死後、太政大臣を贈られた。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉