• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

藤原隆信の解説 - 小学館 大辞泉

[1142~1205]平安末期・鎌倉初期の宮廷画家・歌人。法名、戒心。定家の異父兄。似絵 (にせえ) の先駆者で、神護寺所蔵の源頼朝像・平重盛像の作者と伝えられる。家集「隆信朝臣集」。