• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

錦文流の解説 - 小学館 大辞泉

江戸中期の浮世草子・浄瑠璃作者、俳人。元禄から享保(1688~1736)にかけて大坂で活躍。浄瑠璃「本海道虎石」、浮世草子「当世乙女織」など。生没年未詳。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の演者・作家]カテゴリの言葉