• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

陳独秀の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[1879〜1942]中国の思想家・政治家。懐寧(安徽 (あんき) 省)の人。字 (あざな) は仲甫 (ちゅうほ) 。1915年、上海雑誌「青年雑誌」(翌年「新青年」と改題)を創刊し、旧文化・旧道徳を批判。1918年、李大釗 (りたいしょう) と「毎週評論」を創刊して新文化運動指導。1921年、中国共産党成立すると初代総書記となったが、1929年にトロツキストとして除名された。著「独秀文存」。チェン=トゥーシウ。

[世界史]の言葉

[世界史の人物]の言葉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。