• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

頓阿の解説 - 小学館 大辞泉

[1289~1372]鎌倉末・南北朝時代の歌人。俗名、二階堂貞宗。比叡山で修行し、のち諸国を行脚。和歌を藤原為世に学び、二条派を再興。和歌四天王の一人。「新拾遺和歌集」の完成に尽力。著「井蛙 (せいあ) 抄」「愚問賢註」、家集「草庵集」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉