出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]《「さくる」の音変化》
  1. しゃっくりをする。

  1. しゃくり泣きをする。

    1. 「声はいつしか―・って…涙がほろほろこぼれて来た」〈蘆花思出の記