出典:デジタル大辞泉(小学館)

食糧法に基づき、米・麦などの主要食糧の流通の安定をはかる制度。従来の食糧管理制度とは異なり、農家が自由に米などを販売することができる。平成7年(1995)より実施。平成16年(2004)に施行された食糧法の改正ではさらに規制が緩和され、流通の自由化が進んだ。