出典:デジタル大辞泉(小学館)

鎌倉初期の物語。2巻。作者・成立年未詳。源氏物語枕草子に名がみえるが、現存の物語は改作といわれる。中納言の姫君は継母の悪計を避けて住吉の尼のもとに身を寄せるが、長谷観音の利益 (りやく) で少将と結ばれる。継子 (ままこ) いじめの物語の代表作。絵巻にも作られる。