出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ五(四)]
  1. 色が他のものについたり、しみ込んだりする。そまる。

    1. 「のび上がって、血に―・んだ太刀をふりかざした」〈芥川・偸盗〉

  1. 他から影響・感化を受ける。そまる。

    1. 「汚濁 (おじょく) に―・んだ今の身の上を」〈宇野浩二・苦の世界〉

  1. (現代語では、多く打消しの語を伴い)深く感じる。強く心がひきつけられる。「心に―・まない縁談」「意に―・まない仕事」

    1. 「歓喜涙 (くわんぎなんだ) こぼれて渇仰肝に―・む」〈平家・七〉

  1. 病気になる。感染する。

    1. 「はかなくて病ひにさへ―・ませ給ふ由」〈読・雨月・木備津の釜〉

[動マ下二]そ(染)める」の文語形。