出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 令外 (りょうげ) の官の一。藤原鎌足が死に臨んで任ぜられたのに始まり、初めは名誉称号であったが、のち、左右大臣を補佐し、その出仕しないときに政務を執った。うちのおおまえつぎみ。うちのおとど。

  1. 明治18年(1885)の内閣制度の発足とともに宮中に設置された官職。天皇を常時補佐して詔勅など宮中内部の文書に関する事務をつかさどった。昭和20年(1945)廃止。内府。