出典:デジタル大辞泉(小学館)

室町初期ごろから、宮中に仕える女房が、多く衣食に関して用いた一種の隠語。のち、将軍家に仕える女性、さらに町家の女性にまで普及し、現代の一般語になったものもある。省略や言い換えを行ったものが多い。「おでん(田楽)」「おひや(水)」「かもじ(髪・かずら)」など。御所詞 (ごしょことば) 。→文字言葉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉