出典:デジタル大辞泉(小学館)

《野の草を風が強く吹き分ける意》秋から冬にかけて吹く暴風。特に、二百十日二百二十日前後に吹く台風。のわきのかぜ。のわけ。 秋》「吹きとばす石は浅間の―かな/芭蕉
源氏物語第28巻の巻名。光源氏36歳。野分きの吹き荒れたあと、夕霧の見た紫の上や明石の姫君(明石の中宮)のようすなどを述べる。