出典:デジタル大辞泉(小学館)

モクセイ科トネリコ属の落葉高木。本州北部から北の湿地に自生。樹皮に縦の裂け目があり、葉は長楕円形の小葉からなる羽状複葉で、小葉の基部に褐色の毛が密生する。雌雄異株で、4、5月ごろ、黄緑色の小花を群生する。実には翼 (よく) がある。材を家具などに使用。

[生物/植物名]カテゴリの言葉