出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 竹や鉄で作った輪に先が二またに分かれた棒を当てて、輪を倒さないように転がして進む遊び。

  1. 連歌・俳諧の付合 (つけあい) で、前々句へ句意が返るようにする付け方。輪廻 (りんね) 。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[生活/その他]カテゴリの言葉