出典:デジタル大辞泉(小学館)

《略式の朝拝の意から。「こぢょうはい」とも》元日に公式の朝拝の儀式のあと、親王以下、六位蔵人 (くろうど) 以上の者が清涼殿の東庭に立ち並んで、天皇を拝賀する儀式。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉