出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 来迎」を敬っていう語。

  1. 高山の頂上で太陽を背にしたとき、前面の霧に自分の影が大きく映り、その周りに光環が見られる現象。阿弥陀仏光背を負うて来迎するのになぞらえていう。御来光。 夏》「雪渓をさきだつ禰宜 (ねぎ) や―/爽雨」

  1. 江戸時代の玩具の名。紙の張り抜きや木・土で作った小さな仏の像を竹筒に納めておき、糸の仕掛けで竹筒を下げると、黄色の紙を畳んで作った後光が開き、仏の像が現れるもの。

  1. 御来光 (ごらいこう) 1」に同じ。

出典:青空文庫