福島県郡山市の地域名。古くは郡山盆地の大部分を占める地域をさし、阿尺 (あさか) 国と称した。大化の改新後、陸奥 (むつ) の一部となり、のち岩代 (いわしろ) に属した。

埼玉県南部の市。もと川越街道の膝折 (ひざおり) 宿として栄えた。第二次大戦後は住宅都市として発展。自衛隊駐屯地がある。人口13万(2010)。

出典:青空文庫