• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《古くは「むざさび」とも》リス科の哺乳類。リスに似て、体長約40センチ、尾長約35センチ。背面は灰褐色で、目の上からほおにかけ白帯がある。森林にすみ、夜行性。前後の足の間にある飛膜を広げて木から木へ滑空し、木の芽・実・葉を食べる。本州以南から朝鮮半島・中国に分布。のぶすま。おかずき。 冬》「―や夜霧吹き入る手打蕎麦/秋桜子

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[冬/動物]の季語