1. サトイモ科の多年草。関東地方以西の海岸近くの林内にみられる。5月ごろ、仏炎苞 (ぶつえんほう) に包まれた太い穂を出す。苞は上部が幅広く、鐙状をしている。

  1. 武蔵国で作られた。鋂 (くさり) を用いないで、透かしを入れた鉄板にして先端に刺鉄 (さすが) をつけ、直接に鉸具 (かこ) としたもの。

[補説]鐙の端に刺鉄を作りつけにするところから、和歌では「さすが」に、また、鐙は踏むところから「踏む」「文 (ふみ) 」にかけて用いられる。
  • 「むさしあぶみさすがにかけて頼むには問はぬもつらし問ふもうるさし」〈伊勢・一三〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉