《「むらきも」とも》体内の臓腑 (ぞうふ) 。五臓六腑 (ごぞうろっぷ) 。

[補説]書名別項。→むらぎも

中野重治の長編小説。昭和29年(1954)1月から7月にかけて「群像」誌で連載ののち、単行本刊行。著者の分身的存在である片口安吉が主人公。「歌のわかれ」に続く自伝的作品。