1. 律令制で、大戸・上戸・中戸・下戸の四等戸の第三。一戸内に正丁 (せいてい) が四人または五人いる戸。

  1. 《「ちゅうご」とも》中程度の飲酒家。上戸下戸に対していう。

    1. 「酒も小づけも好む―也」〈酒食論〉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

出典:青空文庫