[動カ五(四)]

  1. 仕事をする。労働する。特に、職業として、あるいは生計を維持するために、一定の職に就く。「朝から晩までよく―・く」「工場で―・く」「―・きながら資格を取る」

  1. 機能する。また、作用して結果が現れる。「薬が―・いて熱が下がる」「引力が―・く」「機械がうまく―・かない」

  1. 精神などが活動する。「知恵が―・く」「勘が―・く」

  1. 悪事をする。「盗みを―・く」「不正を―・く」

  1. 文法で、用言や助動詞の語尾が変化する。活用する。「五段に―・く動詞」

  1. 動く。体を動かす。

    1. 「死にて六日といふ日の未 (ひつじ) の時ばかりに、にはかにこの棺―・く」〈宇治拾遺・三〉

  1. 出撃して戦う。

    1. 「オノレワ戦場ニ出テ楯矛 (たてほこ) ヲ取ッテワ―・カネドモ」〈天草本伊曽保・陣頭の貝吹き〉

[補説]「働」は国字。
[可能]はたらける

出典:gooニュース

出典:青空文庫