[動ア下一][文]くは・ふ[ハ下二]
  1. 今まであるものに、さらに他のものを添えて合わせる。現在あるものの上に付け足す。また、そのようにして数量や度合いを増す。「だし汁を―・える」「規約に一項を―・える」「列車が速度を―・える」

  1. 同じことをする人の集まりに含める。仲間に入れる。「一行に―・える」「役員に―・える」

  1. ある作用を他におよぼす。影響を与える。「危害を―・える」「一撃を―・える」「手心を―・える」「説明を―・える」

  1. あるものを付ける。載せる。

    1. 「それに判を―・へよ」〈今昔・三一・二四〉

[補説]室町時代以降はヤ行にも活用した。→加ゆ
[用法]くわえる・[用法]そえる――「もう一品加える(添える)」「言葉を加える(添える)」などでは相通じて用いる。◇「加える」はあるものに他のものを入れて一つにしたり、何らかの作用を他に与えたりすること。「2に3を加える」「仲間に加える」「攻撃を加える」などと用いる。◇「添える」はすでに満たされ、完成しているものに、さらに何かを付け加える意。「贈り物に手紙を添える」「舞台に花を添える」◇類似の語に「足す」がある。「足す」は、必要量が満たされるように足りないものを補い加える意。「煮物が焦げないように水を足す」などと用いる。

出典:青空文庫