• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仮名草子。5巻。如儡子 (じょらいし) 著。寛永19年(1642)刊。徒然草を模倣した俗文体の随筆で、本文280段から成る。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉