[名](スル)
  1. 仏教徒が、顔や胸の前で両の手のひらと指を合わせて、仏・菩薩 (ぼさつ) などを拝むこと。インド古来の礼法で、仏教により日本に伝えられた。

  1. 小屋組で、2本の部材を山形に組み合わせたもの。合掌組。

  1. 合掌泳ぎ」の略。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース