1. ウミスズメ科の海鳥。全長38センチくらい。背面とのど、胸は黒、腹は白。くちばしは橙 (だいだい) 色で、繁殖期には上部突起が生じる。小魚を捕食。北太平洋に分布し北日本の沿岸でも繁殖

  1. 善知鳥安方 (うとうやすかた) 」の略。

    1. 「—が流す血の涙、今こそ思ひ知られたり」〈幸若・築島〉

[補説]曲名別項。→善知鳥

謡曲四番目物喜多流では「烏頭」。善知鳥を殺した猟師亡霊旅僧の前に現れ、地獄で犬や鷹 (たか) に責められる苦しみを訴える。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。