• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

尾崎紅葉の小説。明治29年(1896)発表。亡妻に対する主人公鷲見柳之助 (すみりゅうのすけ) の愛情の微妙な推移を、言文一致の文体で描く。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉